コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村純顕 おおむら すみあき

1件 の用語解説(大村純顕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村純顕 おおむら-すみあき

1822-1882 江戸時代後期の大名。
文政5年11月4日生まれ。大村純昌(すみよし)の4男。天保(てんぽう)7年肥前大村藩(長崎県)藩主大村家11代となる。天保の改革にとりくみ,禄制改革や流通統制策をうちだした。藩校五教(ごこう)館に広瀬淡窓(たんそう)らをまねき文武を奨励した。弘化(こうか)4年病気により隠居。明治15年4月2日死去。61歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大村純顕の関連キーワード早稲田大学柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロブラガンサ朝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone