コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大東義徹 おおひがし ぎてつ

2件 の用語解説(大東義徹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大東義徹 おおひがし-ぎてつ

1842-1905 明治時代の政治家。
天保(てんぽう)13年7月生まれ。もと近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩士。維新後司法省権少判事となり,明治4年岩倉遣欧使節団に随行。西南戦争では西郷軍にくわわろうとして逮捕される。23年衆議院議員(当選7回)。31年憲政党創立委員となり,第1次大隈内閣の法相。明治38年4月8日死去。64歳。本姓は小西。旧名は中口大蔵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大東義徹

没年:明治38.4.8(1905)
生年:天保13.7(1842)
明治期の政党政治家。彦根藩士小西貞徹の子に生まれる。のち,姓を大東と改名。井伊直弼がいた彦根藩であったが,幕末には国事に奔走,同藩を勤王側に導き,戊辰戦争(1868~69)では官軍につく。維新後,岩倉遣外使節団として欧米諸国を巡遊,しかし征韓論争では西郷隆盛を支持して下野,彦根で集議社を結成し民権運動を開始する。西南戦争(1877)では西郷と結び下獄した。明治23(1890)年第1回総選挙に出馬当選,議会では対外硬派として活動し,のち憲政党入党,31年には第1次大隈内閣で司法大臣となる。「近江の西郷」といわれ,威容凜々として動乱期の彦根をリードした。

(季武嘉也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大東義徹の関連キーワード井伊 直憲関直彦政党政治星亨野党二大政党政治小西和島田俊雄西山志澄川人貞史

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大東義徹の関連情報