大格子(読み)オオゴウシ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ごうし〔おほガウシ〕【大格子】

太い角材で組んだ格子。また、間を大きくあけて組んだ格子。⇔小格子
江戸吉原で、最も格式の高い遊女屋。大籬(おおまがき)。総籬(そうまがき)。⇔小格子
粗い格子縞。⇔小格子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおごうし【大格子】

大形の升目の格子。
大きな格子縞。大きな弁慶縞。
江戸吉原の、升目の大きい格子をつけた格式の高い遊女屋。
▽⇔ 小格子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐ごうし おほガウシ【大格子】

〘名〙
① 大きな角材を縦横に間をすかして組んだもの。また、そのすかした間の枡形の大きいもの。
※歌舞伎・早苗鳥伊達聞書(実録先代萩)(1876)二幕「(田村邸仮牢の場)本舞台三間前面(まへづら)一面の大格子(オホガウシ)、よき所に首だけ出る食事の穴を明け」
② (見世先をすべて格子造りにしたところから) 江戸吉原の格式の高い遊女屋。⇔小格子
※浄瑠璃・三世二河白道(1708)三「右の方にはにぎわひの、外にはあらぬ江戸町や〈略〉大かうし小かうしに、げんじかうしやあげや茶屋」
③ 着物の模様で、弁慶縞の大きなもの。⇔小格子
御伽草子・酒呑童子(室町末)「髪は禿(かぶろ)にをし乱し、大がうしの織物に、紅の袴(はかま)を着て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大格子の関連情報