コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大桑[村] おおくわ

1件 の用語解説(大桑[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおくわ【大桑[村]】

長野県南西部,木曾郡の村。人口5015(1995)。木曾川上流域に位置し,西は岐阜県に接する。中世は高山寺領小木曾荘に属し,江戸時代は天領で,中心集落の須原,野尻はともに中山道の宿駅として栄えた。村の東部を木曾山脈,西部を飛驒山脈が占め,豊かな森林地帯となっている。広大な国有林をいかして,林業や木工業が盛ん。本堂や社殿が重要文化財に指定されている定勝寺,白山神社があり,阿寺渓谷,のぞきど森林公園などの景勝地も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大桑[村]の関連キーワード空木岳木曾川木曾山脈木曾谷木曽福島妻籠馬籠木曽木曽山脈木曽谷

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone