コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大桑[村] おおくわ

世界大百科事典 第2版の解説

おおくわ【大桑[村]】

長野県南西部,木曾郡の村。人口5015(1995)。木曾川上流域に位置し,西は岐阜県に接する。中世は高山寺領小木曾荘に属し,江戸時代天領で,中心集落の須原野尻はともに中山道宿駅として栄えた。村の東部を木曾山脈,西部を飛驒山脈が占め,豊かな森林地帯となっている。広大な国有林をいかして,林業や木工業が盛ん。本堂や社殿が重要文化財に指定されている定勝寺,白山神社があり,阿寺渓谷,のぞきど森林公園などの景勝地も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大桑[村]の関連キーワードビーピーカストロール板倉町大韓民国ヘルデルラント

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大桑[村]の関連情報