コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋慎三 おおはし・しんぞう

1件 の用語解説(大橋慎三の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

大橋慎三

没年:明治5.6.2(1872.7.7)
生年:天保6(1835)
幕末の志士,明治政府吏員。土佐藩家老深尾氏の家臣。本名橋本鉄猪土佐勤王党に参加,文久3(1863)年上京して勤王運動に挺身,藩主山内豊信(容堂)の勤王弾圧のため謹慎処分となったが,元治1(1864)年京都禁門の変の報を聞き,同志浜田辰弥(のちの田中光顕)と共に,脱藩して周防三田尻に走ったが長州藩情悪く京坂に転じ,大橋慎三(蔵)と改名,種々奔走の中,岩倉具視の知遇を得,同藩出身の志士,中岡慎太郎,坂本竜馬らに岩倉を紹介,王政復古運動の初期的条件を作る役割を果たした。慶応3(1867)年11月中岡遭難後,陸援隊の庶務を取り仕切り,12月侍従鷲尾隆聚高野山挙兵に浜田と共に参謀を務めた。明治政府に出仕して式部佑,開拓判事,太政官大議生を歴任した。<参考文献>田中光顕『維新風雲回顧録』

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大橋慎三の関連キーワード土方久元古沢滋井原応輔大橋慎岡宗泰純黒岩竜谿但木土佐那須信吾山崎立生山本日下

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone