コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋松平 おおはし まつへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋松平 おおはし-まつへい

1893-1952 大正-昭和時代の歌人。
明治26年9月5日生まれ。前田夕暮,若山牧水,斎藤茂吉にまなぶ。昭和6年上京して改造社にはいり,「短歌研究」編集長などをつとめた。昭和27年4月28日死去。58歳。大分県出身。旧姓は岩崎。歌集に「門川(かどかわ)」「淡墨(うすずみ)」「夕雲」など。
【格言など】辻々に立ちてひらきし東京地図いたく破れぬ東京地図あはれ(「大橋松平全歌集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大橋松平の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広級化層理新藤兼人川島雄三市川崑久松静児森一生東京大学三菱重工業

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone