コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋重保 おおはし しげやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋重保 おおはし-しげやす

1582-1645 江戸時代前期の武士,書家。
天正(てんしょう)10年生まれ。大橋重政の父。はじめ豊臣秀頼の右筆(ゆうひつ)をつとめる。大坂の陣では徳川方について負傷。大坂落城後徳川秀忠(ひでただ)の右筆,のち家光の御伽衆(おとぎしゅう)となる。寛永10年剃髪(ていはつ)して法印。茶道は小堀遠州の弟子。正保(しょうほ)2年2月4日死去。64歳。河内(かわち)(大阪府)出身。通称は長左衛門。号は云何。法号は竜慶。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大橋重保の関連キーワード大橋流

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android