コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋須磨子 おおはし すまこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋須磨子 おおはし-すまこ

1881-1949 明治時代の芸妓(げいぎ)。
明治14年4月20日生まれ。東京の料亭紅葉館の人気芸妓で,尾崎紅葉の代表作「金色夜叉」のお宮のモデルといわれる。貫一のモデルは巌谷小波(いわや-さざなみ)という。明治30年17歳で実業家大橋新太郎の後妻となった。昭和24年1月25日死去。69歳。埼玉県出身。通称はお須磨。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大橋須磨子の関連キーワードイタリア映画アレクサンドルアレクサンドルブラジル文学森田草平円(日本の貨幣単位)日中関係文化勲章吉田茂内閣早稲田文学

大橋須磨子の関連情報