コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋新太郎 オオハシシンタロウ

3件 の用語解説(大橋新太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおはし‐しんたろう〔おほはしシンタラウ〕【大橋新太郎】

[1863~1944]実業家。新潟の生まれ。父佐平とともに明治14年(1881)に「越佐毎日新聞」を創刊。上京して博文館を創立、出版界に貢献した。のち、衆議院議員貴族院議員。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋新太郎 おおはし-しんたろう

1863-1944 明治-昭和時代前期の実業家。
文久3年7月29日生まれ。大橋佐平の3男。上京して明治20年父とともに博文館を設立。「日本大家論集」「太陽」などおおくの雑誌を刊行し,日本有数の出版社とする。35年衆議院議員。のち貴族院議員大日本麦酒(ビール),日本硝子(ガラス)などの役員をつとめた。昭和10年日本工業倶楽部(クラブ)理事長。昭和19年5月5日死去。82歳。越後(えちご)(新潟県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大橋新太郎
おおはししんたろう
(1863―1944)

実業家。新潟県に生まれる。1881年(明治14)父佐平と『越佐(えっさ)毎日新聞』を発刊する。1887年東京で博文館を創設、『日本大家論集』で成功したのち、多くの図書出版で業界に地歩を築いた。1901年(明治34)日本最初の私立図書館(大橋図書館)を設立。1905年東京商工会議所副会頭に就任。以後財界人としても活躍し、大日本麦酒(ビール)、王子製紙、三井信託など七十数社に関係した。1926年(大正15)貴族院議員に勅選。1935年(昭和10)日本工業倶楽部(くらぶ)理事長に就任。共同印刷の創業者大橋光吉(1875―1946)は義弟である。[小早川洋一]
『坪谷善四郎著『博文館五十年史』(1937・博文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大橋新太郎の関連キーワード今泉定助千宗左(12代)塚原大応筑紫熊七鳥居清種(2代)中村寛澄西健林仙之穂積歌子御園生卯七

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大橋新太郎の関連情報