コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大正新脩大蔵経 たいしょうしんしゅうだいぞうきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大正新脩大蔵経
たいしょうしんしゅうだいぞうきょう

1924~34年に東京で出版された大蔵経。略して『大正大蔵経』ともいう。高楠順次郎渡辺海旭が中心となって編纂し,そのなかには漢訳の経律論,および中国,日本で撰述された章疏など 3053部,1万 1970巻が収められている。阿含,本縁,般若など 32部門から成り,総目録索引3巻を合せて計 100巻。麗本を底本とし,宋,元,明の3本を対校している。内容もきわめてすぐれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいしょうしんしゅうだいぞうきょう【大正新脩大蔵経】

1924年から34年にかけて高楠順次郎(たかくすじゆんじろう),渡辺海旭(かいぎよく)らが東京大正一切経刊行会より刊行した大蔵経(仏教の経典類を集めた叢書)。とくに中国,日本で撰述された仏書を多数増補し,現在得られる大蔵経としては質量ともに最も優れている。正篇55巻,続篇30巻,別篇15巻(図像12巻,昭和法宝(ほうぼう)総目録3巻)の全100巻より成る。敦煌などの中央アジア出土経典や日本の天平写経等をもって厳密に対校し,サンスクリット,パーリ語の原語を注記してある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいしょうしんしゅうだいぞうきょう【大正新脩大蔵経】

〘仏〙 大正13年(1924)から昭和9年にかけて刊行された日本最大の大蔵経。インド・中国選述の仏典を収めた正篇五五巻、日本選述の仏典を収めた続篇三〇巻、図像等を収めた別巻一五巻の計一〇〇巻。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大正新脩大蔵経の言及

【仏典】より

…人々が日常接するのはむしろこちらの方で,特定の大乗経典以外はほとんど読まれていない。《大正新脩大蔵経》は思い切ってその収集範囲を広げ,これら諸宗の聖典までを含めたものとなっている(印度撰述部32巻,中国撰述部23巻,日本撰述部29巻,古逸部1巻。ほかに図像部12巻,目録部3巻,計100巻)。…

※「大正新脩大蔵経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大正新脩大蔵経の関連キーワード松本 徳明橋本 凝胤卍字蔵経小野玄妙阿含経訳経仏典

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android