コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底本 ソコホン

デジタル大辞泉の解説

そこ‐ほん【底本】

ていほん(底本)」に同じ。

てい‐ほん【底本】

写本や複製本の原本。また、翻訳・校訂注釈などの際、よりどころとする本。そこほん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そこぼん【底本】

〔「そこほん」とも〕
ていほん(底本) 」に同じ。「定本ていほん」と区別していう。

ていほん【底本】

翻訳・校訂・校合などをする際、よりどころとした本。原本。そこぼん。
下書き。草稿。写し。 〔同音語の「定本」は複数の版がある書物のうち十分な校訂がなされていて本文の整っている本のこと、また、著者が訂正・加筆した決定版のことをいうが、それに対して「底本」は翻訳・校訂・校合などをする際によりどころとする本をいう〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

底本

ある著作の編集や翻訳をするときに,拠り所として使用されるテキスト.著者の意図が最も正確に表れていると判断される本を選ぶ.編集や本文研究では,本と表記の異なるいくつものテキストを校合して,底本に修正を加え,著者の意図した理想的なテキストを推定する.どれを底本として採用するかはそれぞれのテキストの発生状況によって異なる.copy-textという用語は,英国の書誌学者で,明治時代に英語教師として来日したことのあるマッケロー(Ronald Brunlees McKerrow 1872-1940)の造語である.定本と区別するために,「底本」という場合が多い.「そこほん」ともいう.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

底本の関連キーワードテクストゥス・レセプトゥスネストレ・アーラント大正新脩大蔵経シュンティパスモッシェロシュカーシフィー大日本古記録フォルミオー京本通俗小説アンチゴーヌ光明皇后願経本草経集注諸神本懐集欽定訳聖書マソラ本文宴曲十七帖波留麻和解ヘンリー雲州蔵帳神農本草

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

底本の関連情報