コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底本(読み)ソコホン

大辞林 第三版の解説

そこぼん【底本】

〔「そこほん」とも〕
ていほん(底本)」に同じ。「定本ていほん」と区別していう。

ていほん【底本】

翻訳・校訂・校合などをする際、よりどころとした本。原本。そこぼん。
下書き。草稿。写し。 〔同音語の「定本」は複数の版がある書物のうち十分な校訂がなされていて本文の整っている本のこと、また、著者が訂正・加筆した決定版のことをいうが、それに対して「底本」は翻訳・校訂・校合などをする際によりどころとする本をいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

底本

ある著作の編集や翻訳をするときに,拠り所として使用されるテキスト.著者の意図が最も正確に表れていると判断される本を選ぶ.編集や本文研究では,本と表記の異なるいくつものテキストを校合して,底本に修正を加え,著者の意図した理想的なテキストを推定する.どれを底本として採用するかはそれぞれのテキストの発生状況によって異なる.copy-textという用語は,英国の書誌学者で,明治時代に英語教師として来日したことのあるマッケロー(Ronald Brunlees McKerrow 1872-1940)の造語である.定本と区別するために,「底本」という場合が多い.「そこほん」ともいう.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

底本の関連情報