底本(読み)ソコホン

大辞林 第三版の解説

そこぼん【底本】

〔「そこほん」とも〕
ていほん(底本)」に同じ。「定本ていほん」と区別していう。

ていほん【底本】

翻訳・校訂・校合などをする際、よりどころとした本。原本。そこぼん。
下書き。草稿。写し。 〔同音語の「定本」は複数の版がある書物のうち十分な校訂がなされていて本文の整っている本のこと、また、著者が訂正・加筆した決定版のことをいうが、それに対して「底本」は翻訳・校訂・校合などをする際によりどころとする本をいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

底本

ある著作の編集や翻訳をするときに,拠り所として使用されるテキスト.著者の意図が最も正確に表れていると判断される本を選ぶ.編集や本文研究では,本と表記の異なるいくつものテキストを校合して,底本に修正を加え,著者の意図した理想的なテキストを推定する.どれを底本として採用するかはそれぞれのテキストの発生状況によって異なる.copy-textという用語は,英国の書誌学者で,明治時代に英語教師として来日したことのあるマッケロー(Ronald Brunlees McKerrow 1872-1940)の造語である.定本と区別するために,「底本」という場合が多い.「そこほん」ともいう.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そこ‐ほん【底本】

〘名〙 (「そこぼん」とも) =ていほん(底本)

てい‐ほん【底本】

〘名〙
① したがき。草稿。〔春明退朝録‐巻下〕
② 控え帳。写し。ひかえ。
③ 翻訳・翻字などの際、拠りどころとする本。また、古典の異本を校合(きょうごう)する際などに、基準として採用する本。もととする本。そこほん。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉出版上の道徳「予定書目中の『細鱗退治』の如きもまたわれわれの複製会が底本とした某氏の所蔵本以外にありそうに思はれない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

底本の関連情報