大殿祭(読み)オオトノホガイ

  • おおとのほがい おほとのほがひ
  • おおとのほがい〔おほとのほがひ〕
  • 大殿▽祭

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 宮殿に災異のないように祈り鎮む儀式。神今食(じんごんじき)、新嘗祭(にいなめさい)、大嘗祭(だいじょうさい)の前後、または皇居の遷移、斎宮、斎院卜定の後等に、屋船久久遅命(やぶねくくちのみこと)、屋船豊宇気姫命(やぶねとようけひめのみこと)をまつって行なう。〔延喜式(927)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android