コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほかい

世界大百科事典 第2版の解説

ほかい

〈ほかい〉は,元来は神を祝福することを意味した。神を祝福することはこの世に幸福を招くことになる,と考えられたのである。転じて,祭りや酒宴のときの祝いごとをも指すようになり,古くより大殿祭(おおとのほかい),酒楽(さかほかい)之歌などの語が見える。他方,門ごとに祝言(しゆうげん)を述べて歩き,報酬として米や物を得る人々も〈ほかいびと〉といわれた。《万葉集》巻十六には乞食者詠(ほかいひとのうた)があって,これは天皇を寿(ことほ)ぐ歌だが,神や精霊に対する祝言は身分の低い者が身分の高い者に対して行う寿詞(よごと)奏上の形式をとったものと推測させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のほかいの言及

【大道芸】より

…このように,近世に至ってはかなり一面的な職業的差別にみまわれる芸能民も,もとは神聖な職業,あるいは少なくとも聖と賤の両方をあわせもった両面価値的な職業として発生した。たとえば門付芸にしても,古代朝廷にあって芸能をもって国家に奉仕し,天皇家に祝言をもって仕えていた神人(じにん)に端を発する〈ほかいびと(祝言人)〉の流れに,その淵源をたどることができる。さきにも少しふれたように,その職性は行く先々の人家の前に立ち,家と家人に祝福を与え,いくばくかの金銭や米などを乞うて歩くというものであった(祝福芸)が,ある定まった季節にいずこからともなく来訪して来るこれらの芸能者は,〈まれびと〉としての神格を有していると人々は感じていた。…

※「ほかい」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ほかいの関連情報