コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江宏隆 おおえ ひろたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江宏隆 おおえ-ひろたか

1669-1729 江戸時代前期-中期の国学者,神道家。
寛文9年生まれ。京都にでて風早実種(かざはや-さねたね)に和歌と有職故実を,卜部定規(うらべ-さだのり)に神道をまなぶ。晩年は長崎に道場崇元観をひらき,真武廟(びょう)をたてた。享保(きょうほう)14年死去。61歳。肥前長崎出身。字(あざな)は意敬。号は操軒,多節斎。著作に「神令私鈔(ししょう)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大江宏隆の関連キーワード国学者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android