コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江宏隆 おおえ ひろたか

1件 の用語解説(大江宏隆の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江宏隆 おおえ-ひろたか

1669-1729 江戸時代前期-中期の国学者,神道家。
寛文9年生まれ。京都にでて風早実種(かざはや-さねたね)に和歌と有職故実を,卜部定規(うらべ-さだのり)に神道をまなぶ。晩年は長崎に道場崇元観をひらき,真武廟(びょう)をたてた。享保(きょうほう)14年死去。61歳。肥前長崎出身。字(あざな)は意敬。号は操軒,多節斎。著作に「神令私鈔(ししょう)」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大江宏隆の関連キーワードシャクシャイン石田未得会津藩ピカレスク小説悪漢小説朝鮮人遺骨問題石田未得後楽園サンドニ二月堂

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone