コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大沢豊子 おおさわ とよこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大沢豊子 おおさわ-とよこ

1873-1937 明治-昭和時代前期のジャーナリスト。
明治6年12月31日生まれ。小学校を卒業して上京,佃(つくだ)速記塾でまなぶ。明治32年時事新報社に入社し,婦人関係の記事などをかく。大正15年日本放送協会(NHK)にはいり,婦人講座,教育番組を担当した。昭和12年6月15日死去。65歳。群馬県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大沢豊子

没年:昭和12.6.15(1937)
生年:明治6.12.31(1873)
明治大正期の女性速記者。群馬県館林生まれ。大沢師容とやおの長女。上京して佃与次郎の速記塾で学ぶ。大日本婦人衛生会など婦人団体で活動後,明治32(1899)年,時事新報社に入社,電話速記者の草分けとして活躍,のち社会部家庭欄の記者となる。開設直後のNHKに招聘され,家庭婦人部の主任として活躍した。<参考文献>『日本速記80年史』

(中嶌邦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大沢豊子
おおさわとよこ
(1873―1937)

速記記者、ジャーナリスト。群馬県に生まれ、小学校卒業後上京。1888年(明治21)から佃(つくだ)速記塾で2年間学ぶ。1889年12月婦人矯風会廃娼(はいしょう)演説会で植木枝盛(えもり)の演説を速記、『女学雑誌』に掲載された。1899年時事新報社に入社、もっぱら婦人部面を担当し、勤続25年に及んだ。1926年(大正15)東京放送局(現NHK)開局まもなくに入局、家庭婦人部主任として、婦人講座、教育放送にあたった。職業婦人の先覚者でもある。[吉見周子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大沢豊子の関連キーワードマキノ雅広山本嘉次郎日中戦争清水宏島津保次郎久松静児日本郵便制度史(年表)斎藤寅次郎渋谷実中国映画