コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女学雑誌 じょがくざっし

6件 の用語解説(女学雑誌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女学雑誌
じょがくざっし

1885年7月に創刊された女性向け雑誌。編集のほとんどを明治女学校の校長巌本善治が担当し,男女同権論や自由恋愛論など,婦人解放の立場に立った啓蒙的な活動をしていたが,その後は北村透谷石橋忍月山路愛山内田魯庵らを登場させ,明治浪漫主義文芸運動の母体となった (1903年には『文学界』が分離独立していった) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょがくざっし〔ヂヨガクザツシ〕【女学雑誌】

婦人雑誌。明治18年(1885)7月創刊、同37年2月、526号で廃刊。初め近藤賢三、24号から巌本善治が編集。キリスト教に基づく女性啓蒙誌であったが、北村透谷島崎藤村らが執筆し、のちの「文学界」の母体となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

女学雑誌【じょがくざっし】

明治中期の女性誌。1885年《女学新誌》(1884年)の後身として創刊。1904年526号まで発行。初め近藤賢三,のち巌本善治が主宰した。キリスト教的な立場から女性一般の地位と教養を高めることをめざした。
→関連項目文学界若松賤子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じょがくざっし【女学雑誌】

1885年に創刊され,1904年まで続いた日本初の本格的女性誌。とくに明治20年代のオピニオンジャーナリズムの一翼を担ったことで知られる。初代編集人の近藤賢三は,1884年に《女学新誌》を創刊したが,婦人論が活発になった風潮をみてそれを1年で廃刊し,新たに《女学雑誌》を創刊した。近藤は86年に死亡したが,第30号から巌本善治が主宰し,第524号からは青柳猛(有美)が引き継いだが第526号で廃刊した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じょがくざっし【女学雑誌】

文芸雑誌。1885年(明治18)創刊。1904年廃刊。編集人は近藤賢三・巌本善治・青柳猛と順次変わった。若松賤子・北村透谷らが執筆し、のちの「文学界」の母胎となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女学雑誌
じょがくざっし

女性啓蒙(けいもう)雑誌。1885年(明治18)7月~1904年(明治37)2月。計548冊。10号まで万春堂、以後女学雑誌社発行。巌本善治(いわもとよしはる)を中心に『女学新誌』から分かれて創刊された。編集人は近藤賢三から善治を経て青柳猛(あおやぎたけし)。発行回数は初め月2回、ついで3回、さらに週刊、隔週刊、月刊へ。女性の啓蒙・向上を目ざし、キリスト教を基盤とする婦人矯風会設立や廃娼(はいしょう)運動、一夫一婦制建白運動など、わが国初期婦人解放運動に重要な役割を果たした。石橋忍月(にんげつ)、北村透谷(とうこく)らを評壇に送ったほか、若松賤子(しずこ)の『小公子』翻訳も注目される。ほかに木村熊二(くまじ)、中島湘煙(しょうえん)、田辺(三宅(みやけ))花圃(かほ)、清水紫琴(しきん)、磯貝雲峰(いそがいうんぽう)、星野天知(てんち)、島崎藤村(とうそん)らが執筆した。1892年、対象読者層によって甲の巻と乙の巻に分けられ、甲の巻はのち『評論』と改題。派生誌『女学生』『女学雑誌文学界』などが出された。復刻版(1966~67・臨川書店)がある。[橋詰静子]
『『明治文学全集32 女学雑誌・文学界集』(1973・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の女学雑誌の言及

【巌本善治】より

…兵庫県出身で,1883年受洗。86年から《女学雑誌》を主宰,誌上で形式的な西欧模倣を批判しながらも男女同等を説き続け,それを阻む芸娼妓の公許,婦人の無教養,向上心の欠如,男性中心の婚姻制度,婦人職業の未発達などの解消を主張し,婦人の団体活動を勧奨した。同誌は北村透谷,島崎藤村らの《文学界》創刊(1893)の契機を用意するなど,明治文学史上でも注目される。…

【女性雑誌】より

…第1は,知識層をおもな読者とする女性評論誌の系譜である。日本で最初の本格的な女性雑誌は1885年創刊の《女学雑誌》である。《女学雑誌》は,キリスト教思想を背景に,女権伸張,女子教育の普及,近代家族制度の移植などを主張する啓蒙雑誌として出発し,明治20年代のオピニオン・ジャーナリズムの一翼をになった。…

※「女学雑誌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

女学雑誌の関連キーワード赤旗ジンプリチシムスポリテクニコ芸文夕刊紙新潮社[株]童謡誌おてんとさん小国民デーリー・クーラントフランクフルター・アルゲマイネ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone