コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河内政房 おおこうち まさふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大河内政房 おおこうち-まさふさ

?-1584 戦国-織豊時代の武将。
遠江(とおとうみ)(静岡県)高天神(たかてんじん)城主小笠原長忠の臣。天正(てんしょう)2年武田勝頼軍に攻められ落城するが,降伏を拒否する。のち徳川家康につかえて,天正12年小牧・長久手(ながくて)の戦いで戦死した。三河(愛知県)出身。別名に政局。通称は源三郎。号は皆空(かいくう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大河内政房の関連キーワード織豊時代遠江

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android