コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河内頼房 おおこうち よりふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大河内頼房 おおこうち-よりふさ

1510-1557 戦国時代の武将。
永正7年生まれ。北畠材親(きちか)の3男。伊勢(いせ)(三重県)星合に館をきずいて星合氏を称し,父の命をうけて各地でたたかう。大永(たいえい)6年兄大河内親忠の跡をついで伊勢大河内城主。天文(てんぶん)12年従三位。のち権(ごんの)中納言。弘治(こうじ)3年11月死去。48歳。名ははじめ親泰,秀長。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大河内頼房の関連キーワードスペイン音楽正親町天皇後奈良天皇大内義長正親町天皇波多野秀治ベルナルド後奈良天皇葛山城正親町天皇

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android