コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津山信時 おおつやま のぶとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大津山信時 おおつやま-のぶとき

?-1821 江戸時代後期の剣術家。
豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)藩士。以心流を三井知卿(ともあき)に,無眼流を木村景隆にまなぶ。筑後(ちくご)久留米(くるめ)藩に客分としていたとき渡辺から大津山に改姓。のち小倉にもどり,新以心流をおこして藩の師範をつとめた。門下に青柳真武(さねたけ)がいる。文政4年4月2日(一説に文政10年)死去。号は有眼斎,方円斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大津山信時の関連キーワードファナリオテスバイロンマンゾーニウェーバーギリシア解放戦争シェリーバン=ファルケンブルグブロートンヘクトル=チュルデュ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android