コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大洲盆地 おおずぼんち

2件 の用語解説(大洲盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大洲盆地
おおずぼんち

愛媛県西部,肱川中・下流域にある盆地。中心都市は大洲市。洪積期には湖であった。標高約 15m。肱川の下流は先行性河川で,幅の狭い横谷をつくり,3段の河岸段丘を形成。 1959年上流の肱川に鹿野川ダムが完成するまではしばしば氾濫が起こった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大洲盆地
おおずぼんち

愛媛県西部、肱(ひじ)川の中流域に発達した盆地。面積約10平方キロメートル。盆地床の標高は10~15メートルで低く、河口から15~20キロメートルの距離にある。肱川は下流で狭隘(きょうあい)となり、先行性河川となるので、豪雨のたびに湛水(たんすい)し、洪水被害をもたらした。藩政時代から苦しめられたが、鹿野川(かのがわ)ダムの完成や護岸工事などによって被害は減少した。秋から冬にかけ放射霧が発生し、寡照となる。水田のほか桑や茶の栽培が盛ん。[深石一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大洲盆地の言及

【肱川】より

…川舟の終点は,本流では河口から40kmの坂石,支流の小田川では喜多郡内子町内子であった。 いくつかの支流を集める大洲盆地は,古くから洪水常襲地域であったため,肱川流域総合開発事業の一環として1953年から喜多郡肱川町鹿野川に,洪水調節用とて発電用を兼ねた鹿野川ダム(総貯水量4万8200m3,最大出力1万0400kW)が建設され,58年に完成した。さらに80年には野村に野村ダム(総貯水量1万6000m3)が完成し,2段構えの洪水調節機能が果たされて大洲盆地は洪水から守られることになった。…

※「大洲盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大洲盆地の関連キーワード肱川愛媛県西条市上市愛媛県西条市楠愛媛県西条市ひうち肱川〈町〉愛媛県大洲市肱川町宇和川愛媛県大洲市肱川町大谷愛媛県大洲市肱川町中津愛媛県大洲市肱川町西愛媛県大洲市肱川町予子林

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大洲盆地の関連情報