コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射霧 ほうしゃぎりradiation fog

翻訳|radiation fog

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放射霧
ほうしゃぎり
radiation fog

夜間の放射冷却によって地面付近の空気が露点以下に冷やされる場合に発生する。多くは明け方に発生し,日の出とともに,遅くとも 9時頃までには消える。高気圧に覆われ,大気下層成層が安定している場合に発生しやすい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

放射霧【ほうしゃぎり】

夜間の放射冷却によって発生する霧。秋など高気圧圏内にあっての少ない夜間,10μmくらいの長波長放射によって地面が冷え,地面に接した気層の温度が露点温度近くまで低下して霧が発生する。この場合上空に気温の逆転層があり,微風が吹いていることが条件。日の出後消滅する。
→関連項目盆地霧

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほうしゃぎり【放射霧】

夜間の地面付近の放射冷却でできる霧。風が弱く、よく晴れた早朝にあらわれる。輻射霧。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

放射霧

雲がないため夜間に地上の気温が下がる「放射冷却」により、地表付近の空気が一定温度以下になることによって発生する霧のこと。輻射(ふくしゃ)霧ともいう。湿度が高く風の弱い、快晴の早朝に発生しやすく、日の出で温度が上昇するに従い消滅に向かう。秋から初冬の、内陸の盆地で発生しやすい。放射霧は、地表付近が上空より低温となる「接地逆転層」により乾燥し安定した空気層の下にのみ発生し、様々な条件により、放射霧の濃さ・霧の覆う高さなどが変化する。

(2014-11-18)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

世界大百科事典内の放射霧の言及

【霧】より


[霧粒]
 霧粒は直径数μm~数十μmの大きさで,1cm3の空気中に数個~数百個含まれている。また,単位体積中に霧粒として存在している水の量を霧水量(きりみずりよう)といい,海霧で1m3当り0.1~2g,放射霧で0.01~1g程度である。霧水量が多いときほど一般に視程は低下し,0.1g/m3のときの視程は数百mの程度であるが,0.5g/m3で100m,2g/m3で数十mとなる。…

※「放射霧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

放射霧の関連キーワード大洲盆地都市霧防霧林川霧谷霧陸霧

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android