コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大炊御門冬信 おおいみかど ふゆのぶ

1件 の用語解説(大炊御門冬信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大炊御門冬信 おおいみかど-ふゆのぶ

1309-1350 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
延慶(えんきょう)2年生まれ。大炊御門冬氏の次男。右近衛(うこんえの)中将,参議,権(ごんの)中納言などをへて康永2=興国4年大納言となる。貞和(じょうわ)元=興国6年内大臣に任じられるが翌年辞職。のち従一位にすすんだ。観応(かんのう)元=正平(しょうへい)5年6月28日死去。42歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大炊御門冬信の関連キーワード正平高階隆兼アビニョン捕囚高階隆兼ビジャヤ光宗フィリップ赤松則村高師世ビータウタス

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone