コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大用 タイヨウ

デジタル大辞泉の解説

たい‐よう【大用】

大きな作用。大事な働き。
大きな効用・効果。
「いよいよ道をあがめて、年来の功を積むを、能を智(し)る―とするなり」〈花鏡

だい‐よう【大用】

大便。
「小用と違うて、―は工面が悪い」〈続鳩翁道話・三〉
たいよう(大用)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいよう【大用】

大きな作用。
大きな効用。 「秘するによりて-あるが故なり/風姿花伝」

だいよう【大用】

大便だいべん。 → たいよう(大用)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大用の関連キーワードハイデラバード(パキスタン)トクトア(脱脱)瀬戸内(市)パンジャーブダモダル川柴山伊兵衛本庄(市)パキスタン見沼代用水ヒドラジン大口(町)石炭産業誠拙周樗尾和宗臨華厳曹海徹岫宗九新田開発事文類聚愛知用水都築弥厚

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大用の関連情報