大田原[市](読み)おおたわら

百科事典マイペディアの解説

大田原[市]【おおたわら】

栃木県北東部,那須野原の一部を占める市。東部を那珂川が貫流する。1954年市制。中心市街は那須扇状地の扇端部の湧水帯にあり,大田原氏の城下町奥州街道宿場町として発達。1916年東野鉄道の開通とともに県北の中心地となり,官公庁の出先機関が進出した。東野鉄道は1968年廃止となり,東北本線西那須野からバスが通じる。交通の不便さにもかかわらず,工業団地への企業誘致が進み,電気機器,化学などの工業が盛んとなった。地場産業としては醸造・食品・製材工業が行われる。農村部は水田が広く,輸出用トウガラシの栽培も盛んである。2005年10月那須郡黒羽町,湯津上村を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。354.36km2。7万7729人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおたわら【大田原[市]】

栃木県北東部の市。1954年大田原町と親園・金田両村が合体,市制。人口5万3683(1995)。中心集落大田原は那須扇状地の扇端部の湧水帯に位置し,中世末期には大田原氏の城下町となり,周辺の扇端地域の開発拠点となった。江戸時代には大田原藩の城下町として,地方中心都市の地位を占めるに至った。明治になって国道4号線(1884),東北本線(1886)からはずれたため,一時その中心性は弱まったが,1918年東野鉄道(1961廃止)の開通によって県北の中心都市としての地位を確保した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android