コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西那須野 にしなすの

2件 の用語解説(西那須野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西那須野
にしなすの

栃木県北部,那須塩原市南部の旧町域。那須野原南西部にある。 1889年那須野村を西那須野村と改称し,1932年町制。 1955年狩野村を編入。 2005年黒磯市,塩原町と合体して那須塩原市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西那須野
にしなすの

栃木県北東部、那須郡にあった旧町名(西那須野町(まち))。現在は那須塩原市の南東部を占める一地区。旧西那須野町は、1932年(昭和7)町制施行、1955年狩野(かりの)村と合併。2005年(平成17)黒磯(くろいそ)市、塩原町と合併し、那須塩原市となる。那須野原(なすのがはら)の西部に位置し、JR東北本線(宇都宮線)と国道4号、400号、東北自動車道が通じ、西那須野塩原インターチェンジがある。旧町域の中心は東北本線開通により発展した西那須野。1885年(明治18)の那須疏水(そすい)の通水により、山林原野だった那須扇状地の開発が始まった。第二次世界大戦後には電力揚水によりさらに開田が進んだ。経営耕地に恵まれた水稲作、酪農、養豚を中心とする農業が盛ん。千本松牧場、県酪農試験場、畜産草地研究所がある。インターチェンジ周辺には工業団地が造成され、機械、電気、木材、食品などの工場進出もみられる。西那須野駅西方にある烏ヶ森(からすがもり)公園は那須疏水の起工式が行われた所で、花の名所として知られる。[櫻井明久]
『『西那須野町誌』(1963・西那須野町) ▽『西那須野百科事典』(2004・西那須野町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西那須野の関連情報