コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大田朝敷 おおた・ちょうふ

朝日日本歴史人物事典の解説

大田朝敷

没年:昭和13.11.25(1938)
生年:尚泰18.4.8(1865.5.2)
近代沖縄を代表するジャーナリスト。天南などの号を持つ。首里の門閥に生まれ,慶応義塾に学ぶ。帰郷後,沖縄初の新聞『琉球新報』の創刊(1893年9月10日)に加わり,同紙を舞台に論陣を張った。保守的な現実主義者で,ヤマト(日本)化で揺れ動く沖縄社会の進むべき道を示した。「クシャミの仕方まで,ヤマト流にすることだ」との発言は有名。県会議員,首里市長などを歴任。『沖縄県政五十年』の著書がある。<参考文献>『大田朝敷選集』全3巻

(高良倉吉)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大田朝敷の関連キーワードマキノ雅広久松静児バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎珪藻土ホロコーストカルネ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android