コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大田稲香 おおた とうこう

1件 の用語解説(大田稲香の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大田稲香 おおた-とうこう

1811*-1866 江戸時代後期の儒者。
文化7年12月14日生まれ。広瀬淡窓に師事し,文政13年長崎で砲術をおさめる。天保(てんぽう)12年高島秋帆にしたがって江戸にいき,砲術演習に参加。同年長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩執政毛利筑前(ちくぜん)にまねかれ,郷校学文堂を創設し教授となる。慶応2年8月6日死去。57歳。周防(すおう)(山口県)出身。名は穀。字(あざな)は有年。通称は梁平。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大田稲香の関連キーワード英学坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記前田斉泰池内蔵太海保漁村カッテンデイケ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone