コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大田稲香 おおた とうこう

1件 の用語解説(大田稲香の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大田稲香 おおた-とうこう

1811*-1866 江戸時代後期の儒者。
文化7年12月14日生まれ。広瀬淡窓に師事し,文政13年長崎で砲術をおさめる。天保(てんぽう)12年高島秋帆にしたがって江戸にいき,砲術演習に参加。同年長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩執政毛利筑前(ちくぜん)にまねかれ,郷校学文堂を創設し教授となる。慶応2年8月6日死去。57歳。周防(すおう)(山口県)出身。名は穀。字(あざな)は有年。通称は梁平。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大田稲香の関連キーワード宮崎青谷新井静斎新井稲亭伊藤板渓五井鶴城佐藤東斎菅新菴高妻芳洲門司東里森岡参樹