コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石主税 オオイシチカラ

3件 の用語解説(大石主税の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおいし‐ちから〔おほいし‐〕【大石主税】

[1688~1703]赤穂義士(あこうぎし)の一人。良雄の長男。義士中の最年少

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石主税 おおいし-ちから

1688-1703 江戸時代前期の武士。
元禄(げんろく)元年生まれ。大石良雄の長男。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)四十七士のひとり。元禄14年藩主浅野長矩(ながのり)切腹後に元服。吉良邸討ち入りの際は裏門攻め入りの隊長をつとめた。事件後,伊予(いよ)松山藩松平家にあずけられ,元禄16年2月4日切腹。16歳。幼名は松之丞。名は良金(よしかね)。変名は垣見左内。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

おおいしちから【大石主税】

1688~1703) 赤穂浪士の一人。名は良金。大石良雄の長男。討ち入りの際、後門の隊長となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大石主税の関連キーワード金竜小菅正武佐野盛綱死人小左衛門多賀左近寺村山川戸田重種間新六必夢間瀬孫九郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大石主税の関連情報