コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石貞和 おおいし ていわ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石貞和 おおいし-ていわ

1812-1878 江戸後期-明治時代の漢学者,和算家。
文化9年生まれ。紀伊(きい)新宮(和歌山県)の人。天保(てんぽう)12年遊歴の和算家小松鈍斎(どんさい)にまなぶ。書,詩文,謡曲などにもすぐれた。明治11年11月21日死去。67歳。幼名は穣次郎。字(あざな)は叔穣。通称は純蔵。号は鳳蕉。著作に「為身抄」「独語」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大石貞和の関連キーワード漢学者

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android