コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大社元七 おおこそ もとしち

2件 の用語解説(大社元七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大社元七 おおこそ-もとしち

?-1747 江戸時代中期の塩田開発者。
筑前(ちくぜん)福岡藩の援助をえて,寛保(かんぽう)3年(1743)宗像郡津屋崎に塩田をひらいた。藩から浜庄屋脇差乗馬御免の待遇をあたえられた。延享4年死去。讃岐(さぬき)(香川県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大社元七

没年:延享4(1747)
生年:生年不詳
筑前(福岡県)宗像郡津屋崎塩田の開拓者。讃岐津多浦(津田浦?)の生まれ。もとの名は元八。しばしば商用で津屋崎を訪ね,荒廃放置された新田をみて塩田造成を思いたち,乗船を売りはらい,同村の半次郎,半十郎と共に計画をすすめ,福岡藩の奨励もあって寛保3(1743)年に40町歩余の塩田が完成した。藩はこの功を嘉して浜庄屋脇差乗馬御免の待遇を与えた。産塩年額約5万石,製塩専業人百余戸におよんだ。元七は製塩のみでなく棉の栽培もこの地の農民に指導し,普及させている。<参考文献>『大日本塩業全書』3篇

(廣山堯道)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大社元七の関連キーワード津屋崎開拓者宗像宗像氏国宗像氏貞宗像氏続宗像氏俊宗像氏弘宗像興氏宗形鳥麻呂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone