大神惟季(読み)おおがの これすえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大神惟季 おおがの-これすえ

1026-1094 平安時代中期-後期の雅楽家。
万寿3年生まれ。大神晴遠(はるとお)の3男。京都方で,戸部正近に師事して笛の奥義をきわめた。編著の「懐中譜」はうしなわれたおおくの楽曲をふくみ,現在の笛譜の原型をとどめる。また楽書「懐竹抄」の著者とされる。寛治(かんじ)8年3月18日死去。69歳。名は是季ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android