コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大神惟季 おおがの これすえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大神惟季 おおがの-これすえ

1026-1094 平安時代中期-後期の雅楽家。
万寿3年生まれ。大神晴遠(はるとお)の3男。京都方で,戸部正近に師事して笛の奥義をきわめた。編著の「懐中譜」はうしなわれたおおくの楽曲をふくみ,現在の笛譜の原型をとどめる。また楽書「懐竹抄」の著者とされる。寛治(かんじ)8年3月18日死去。69歳。名は是季ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大神惟季の関連キーワード大神基政越殿楽狛行高

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android