大神惟季(読み)おおがの これすえ

  • 大神惟季 おおがの-これすえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1026-1094 平安時代中期-後期の雅楽家。
万寿3年生まれ。大神晴遠(はるとお)の3男。京都方で,戸部正近に師事して奥義をきわめた。編著の「懐中譜」はうしなわれたおおくの楽曲をふくみ,現在の笛譜の原型をとどめる。また楽書「懐竹抄」の著者とされる。寛治(かんじ)8年3月18日死去。69歳。名は是季ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android