コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大神虎主 おおみわの とらぬし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大神虎主 おおみわの-とらぬし

798-861* 平安時代前期の医師。
延暦(えんりゃく)17年生まれ。左近衛(さこんえ)の医師となり,のちに仁明(にんみょう)天皇の侍医となった。貞観(じょうがん)2年内薬正に任じられる。物部広泉(もののべの-ひろいずみ),菅原岑嗣(すがわらの-みねつぐ)らとともに「金蘭方」50巻の編集にあたった。貞観2年12月29日死去。63歳。姓ははじめ神(みわ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大神虎主の関連キーワードムタワッキルイスラム文化ファルガーニー元聖王訪日外国人旅行者五紀暦真如宣明暦越後三山只見国定公園回族

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android