コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大神虎主 おおみわの とらぬし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大神虎主 おおみわの-とらぬし

798-861* 平安時代前期の医師。
延暦(えんりゃく)17年生まれ。左近衛(さこんえ)の医師となり,のちに仁明(にんみょう)天皇の侍医となった。貞観(じょうがん)2年内薬正に任じられる。物部広泉(もののべの-ひろいずみ),菅原岑嗣(すがわらの-みねつぐ)らとともに「金蘭方」50巻の編集にあたった。貞観2年12月29日死去。63歳。姓ははじめ神(みわ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大神虎主の関連キーワードムタワッキルイスラム文化ファルガーニー元聖王訪日外国人旅行者五紀暦真如宣明暦越後三山只見国定公園回族

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android