大神虎主(読み)おおみわの とらぬし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大神虎主 おおみわの-とらぬし

798-861* 平安時代前期の医師。
延暦(えんりゃく)17年生まれ。左近衛(さこんえ)の医師となり,のちに仁明(にんみょう)天皇の侍医となった。貞観(じょうがん)2年内薬正に任じられる。物部広泉(もののべの-ひろいずみ),菅原岑嗣(すがわらの-みねつぐ)らとともに「金蘭方」50巻の編集にあたった。貞観2年12月29日死去。63歳。姓ははじめ神(みわ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android