コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原岑嗣 すがわらのみねつぐ

3件 の用語解説(菅原岑嗣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菅原岑嗣
すがわらのみねつぐ

[生]延暦12(793)
[没]貞観12(870).3.30.
平安時代前期の医家。父出雲朝臣広貞も医家。勅命によって医得業生となり,弘仁 13 (822) 年左兵衛医師,翌年医博士。天長4 (827) 年内薬佐を兼任,同7年侍医。のちに典薬頭となる。貞観年間 (859~877) に勅によって,物部広泉当麻鴨継大神虎主らと『金蘭方』 50巻を編集したが,原本は伝えられていない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅原岑嗣 すがわらの-みねつぐ

793-870 平安時代前期の医師。
延暦(えんりゃく)12年生まれ。出雲(いずもの)広貞の子。淳和(じゅんな)天皇の信頼があつく,医博士,侍医をつとめる。天安2年(858)典薬頭(てんやくのかみ)。貞観(じょうがん)10年出雲姓から菅原に改姓。清和天皇の命で「金蘭方(きんらんぽう)」の編集にたずさわった。貞観12年3月30日死去。78歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菅原岑嗣

没年:貞観12.3.30(870.5.4)
生年:延暦12(793)
平安前期の医官。左京(京都市)の人。父の出雲広貞は『大同類聚方』の編者として知られる名医。家業を継ぎ,弘仁14(823)年医博士。以後累進し,内薬佑,侍医,摂津大目を兼ね,淳和天皇の寵遇を受け,尾張権介,美濃権介,越後守,播磨介を歴任。従五位上,典薬頭に至る。貞観5(863)年隠居。同10年出雲姓を菅原に改姓。勅命により諸名医とともに『金蘭方』を編纂したとされるが,現伝本50巻は後世の偽選であり,その成立を貞観10年としたり,共編者を物部広泉,当麻鴨継,大神庸主とする通説も偽選書にもとづく誤りである。

(小曾戸洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菅原岑嗣の関連キーワード山脇元沖京都府京都市左京区頭町京都府京都市下京区貞安前之町京都府京都市左京区難波町朝原岡埜岡寿元津軽建広福井敬斎物部広泉山添宗積

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone