コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物部広泉 もののべの ひろいずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物部広泉 もののべの-ひろいずみ

785-860 平安時代前期の医師。
延暦(えんりゃく)4年生まれ。医博士,のち侍医,内薬正(かみ)にすすむ。薬石の術は当時独歩で,老いても壮健だったという。養生書「摂養要決」20巻をあらわしたが,のこっていない。貞観(じょうがん)2年10月3日死去。76歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

物部広泉

没年:貞観2.10.3(860.10.20)
生年:延暦4(785)
平安前期の医官。伊予国風早郡(愛媛県北条市)の出身で左京(京都市)に住む。若くして医術を学び多くの医書に通じた。天長4(827)年医博士兼典薬允。のち侍医・内薬正,次侍従・伊予権掾。斉衡1(854)年朝臣を賜り首の姓を改める。のち肥前介,三河権介,三河権守を歴任し,正五位下で没した。『三代実録』によると,薬石の道にかけては当時肩を並べるもののない上手で,老いてなお壮健であったという。養生書『摂養要決』全20巻を著したが失伝。『金蘭方』の選者のひとりとする通説は,偽選書にもとづく誤りである。

(小曾戸洋)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

物部広泉の関連キーワード物部広泉(もののべのひろいずみ)大神虎主菅原岑嗣没年