大経師(読み)ダイキョウジ

  • (通称)
  • だいきょうじ ‥キャウじ
  • だいきょうじ〔キヤウジ〕

デジタル大辞泉の解説

昔、朝廷御用の、経巻・仏画などを表装した職人の長。造暦にあたった賀茂・幸徳井両家から新暦を受け、大経師暦を発行する権利を与えられた。
表具師

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

経巻・仏画などを表装する職人の長。朝廷の用を受け、また奈良の幸徳氏・賀茂氏より翌年の新暦を受けて大経師暦を発行する権利を有した。
経師屋。表具師。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① もと朝廷御用の職人で、経巻および巻物などを表装する経師の長。奈良の幸徳井・賀茂両氏より新暦を受けて大経師暦を発行する権利を与えられたもの。
※建内記‐永享六年(1434)一〇月二日「良秀代々号大経師、公物被仰付者也」
② のち一般に経師屋・表具師の称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大経師の言及

【経師屋】より

表具・表装に用いる道具には,各種のはけ,定規,断ちもの包丁,小刀,仮張り台などがあり,のり(糊)は古代では米ののりを用いたが,中世からは生麩(しようふ)のりが使われるようになった。なお,《おさん茂兵衛》などで知られる大経師は,もと朝廷の御用を勤務めた京都の経師仲間の長で,毎年奈良の幸徳,賀茂両家から朝廷に進奉される新暦を受けて〈大経師暦〉を発行する特権をもっていた。【遠藤 元男】。…

【暦】より

…以下で各地の暦の主要なものについて述べる。
[京暦]
 京都の暦師から版行されていた暦で経師(きようじ)暦と呼ばれ,版元に大経師と院経師があった。室町時代には摺暦座というのがあって専売権を握っていた。…

※「大経師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android