総統(読み)ソウトウ

デジタル大辞泉の解説

そう‐とう【総統】

国政や軍事全体を統括すること。また、その官職。
中華民国政府の最高官職。中華人民共和国成立後は事実上台湾における最高指導者。
大統領制を廃してヒトラーが就任した、ナチスドイツの最高官職。大統領・首相・党首を兼ねそなえた権限をもつ。フューラーFührer)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうとう【総統】

全体を統治すること。また、その人。
1947年公布の中華民国憲法で設置された国家元首の名称。初代には蔣介石が就任。 → 大総統
ドイツ Führer〕 ナチスドイツの最高指導者。1934年ヒンデンブルク大統領の死後、ヒトラーが大統領・首相・党首の全権を掌握し、この称号を用いた。フューラー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐とう【総統】

〘名〙
① 全体をすべくくること。また、その職や人。
※布令必用新撰字引(1869)〈松田成己〉「総統 ソウトウ ノコラズヒキウケル」 〔漢書‐百官公卿表・上〕
② 中華民国国民政府の最高の官職名。
③ (Führer の訳語) ナチスドイツの最高官職。大統領・宰相・党首の権限を合わせた強大な権力をもち、ヒトラーがこの地位を占め独裁権をふるった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の総統の言及

【第三帝国】より


[政治史,外交史]
 〈第三帝国〉の政治史,外交史は四つの時期に分けて考えられる。第1期は,第三帝国の確立期であって,ヒトラー内閣成立から1934年8月2日のヒトラーの〈総統Führer〉(大統領と首相職の一体化)就任までである。この時期に,内政面ではまず社会民主党,共産党ならびに労働組合の解散が強行され,その他自由主義政党,保守主義政党も〈自発的解散〉に追い込まれて(いわゆる〈強制的同質化(一元化)Gleichschaltung〉),早くも33年7月14日には政党新設禁止法が公布される。…

※「総統」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

総統の関連情報