コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黎元洪 れいげんこうLi Yuanhong; Li Yüan-hung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黎元洪
れいげんこう
Li Yuanhong; Li Yüan-hung

[生]同治3 (1864).10.19. 湖北,黄陂
[没]1928.6.3. 天津
中国,中華民国初期の軍人,政治家。フーペイ(湖北)省黄陂県の人。字は宋卿。天津水師学堂卒業。張之洞の知遇を受けて,湖北新軍混成協統領に累進,辛亥革命武昌蜂起の際は,革命軍に推されて湖北都督につき,1913年南北和議成立後,袁世凱のもとで副総統となり,反革命的行動をとった。袁の死後大総統となったが,段祺瑞と対立し,1917年張勲復辟運動を起こして辞任。1922年第1次奉直戦争後,直隷派に推されて再び大総統に就任。翌 1923年曹こんに追われて下野し,天津に引退して終わった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

れい‐げんこう【黎元洪】

[1866~1928]中国の軍人・政治家。湖北省黄陂(こうひ)県の人。1916年袁世凱(えんせいがい)の死により中華民国第2代大総統となるが、翌年辞職。1922年、大総統に再選されたが、翌年、軍閥に追われて政界を引退。リー=ユアンホン。

リー‐ユアンホン【黎元洪】

れいげんこう(黎元洪)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

黎元洪【れいげんこう】

中国,清末民国初期の軍人,政治家。湖北省の人。日清戦争での活躍で張之洞の信を得,湖北新軍旅団長となる。次いで辛亥(しんがい)革命のときには推されて湖北総督から南京臨時政府副総統に就任。
→関連項目武昌起義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れいげんこう【黎元洪 Lí Yuán hóng】

1864‐1928
中国の軍人政治家。湖北省黄陂県の人。字は宋卿。北洋水師学堂に学び新軍にあって出世したが,非北洋系である。武昌蜂起(辛亥革命)で湖北軍政府都督に擁立され,中華民国では孫文,袁世凱のもとで副総統となった。けだし孫文に対しては旧勢力を,袁世凱に対しては革命勢力を代表したのであって,時代が黎元洪に両派の代表の役割を演じさせたのである。袁世凱の死後,2度大総統位(1916年6月~17年7月,1922年6月~23年6月)についたが,それは北洋軍閥政権が一歩譲歩を強いられた時のことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黎元洪
れいげんこう / リーユワンホン
(1866―1928)

中国、中華民国前期の軍人、政治家。湖北省黄陂(こうひ)の生まれ。字(あざな)は宋卿。北洋水師学堂卒。ドイツ人の教官について、湖北新軍を訓練し、新軍においてしばしば湖北省の革命党員の活動を弾圧した。1911年の辛亥(しんがい)革命における武昌蜂起(ぶしょうほうき)後、軍政府の鄂(がく)(湖北省の別称)大都督(だいととく)に任じられ、漢口の革命戦争を鎮圧。南京(ナンキン)臨時政府の成立にあたって副大総統に選ばれた。袁世凱(えんせいがい)の政権奪取に際しては袁に協力した。1914年袁が国会を解散、約法(やくほう)を改竄(かいざん)し、参政院を設けた際、院長に任命された。袁の死(1916)後、副大総統から大総統に昇格。その後国務院総理の段祺瑞(だんきずい)と争い、その地位を追われた。1923年、直隷派系の軍閥の支援を受け大総統に返り咲いたが、同年直隷派系の軍閥に追われてその地位を失った。のち天津(てんしん)で病没した。[山下龍三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の黎元洪の言及

【辛亥革命】より

… 南方の革命側は孫文の帰国をまって12年1月1日,孫文を初代臨時大総統とする中華民国臨時政府(南京臨時政府)を組織した。副大総統には〈首義〉の区,湖北の都督黎元洪(れいげんこう)が選ばれた。北京,南京とも手づまり状況のもとで孫・袁間に電報談判が行われ,清国皇帝の退位と袁世凱の共和制賛成を条件に,孫文は大総統位を袁世凱に譲ることにした。…

※「黎元洪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黎元洪の関連キーワード元治ペドロ[2世]ロダン池田屋惣兵衛入江九一扇格左衛門大浦教之助清岡道之助久坂玄瑞楠音次郎

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone