コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大菱屋綾衣 おおびしや あやぎぬ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大菱屋綾衣 おおびしや-あやぎぬ

?-1785 江戸時代中期の遊女。
江戸吉原大菱屋久右衛門の抱え。旗本藤枝外記(げき)と相思相愛の仲となり,外記につれだされて吉原から逃亡したが,天明5年8月14日心中した。この心中は箕輪(みのわ)心中とよばれ,芝居や小説の題材となった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大菱屋綾衣の関連キーワード遊女

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android