大虎杖(読み)オオイタドリ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大虎杖 (オオイタドリ)

学名:Reynoutria sachalinensis
植物。タデ科の多年草,高山植物,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐いたどり おほ‥【大虎杖】

〘名〙 タデ科の多年草。北海道、本州中・北部の山野に生える。茎は中空で高さ一~三メートル、葉は長さ三〇センチメートルにもなる卵形で、裏面が淡白色を帯び互生する。夏から秋にかけて淡紅色または白色の小花が穂状に密に集まって咲く。さしどり。どんくい。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android