コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大豊建設 だいほうけんせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大豊建設
だいほうけんせつ

土木工事を主体とする建設会社。 1949年設立。技術力に定評があり,52年の大豊式圧縮空気潜函工法を皮切りに,71年にドルフィンドック工法,84年に泥土加圧式シールド工法,87年に二連式シールド工法を開発,次々に特許を取得している。公共工事に強いが,入札制度改革による受注競争の激化に対応するため,新工法の開発と並行して,建築・海外事業分野にも力を入れている。売上構成比は,土木 65%,建築 35%。年間売上高 1587億 5600万円,資本金 51億円,従業員数 1588名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

大豊建設

正式社名「大豊建設株式会社」。英文社名「DAIHO CORPORATION」。建設業。昭和24年(1949)設立。本社は東京都中央区新川。土木・建築会社。泥土加圧シールド工法など土木技術に定評。公共工事で実績。マンション・商業施設など一般建築も手がける。東京証券取引所第1部上場。証券コード1822。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

大豊建設の関連キーワード土木工事

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大豊建設の関連情報