コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大道廃れて仁義あり ダイドウスタレテジンギアリ

2件 の用語解説(大道廃れて仁義ありの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

大道(だいどう)廃れて仁義あり

《「老子」18章から》人の道理が自然に行われていた昔は、仁義という人為的な道徳は必要なかった。世の道理が失われたから、仁義をことさらに唱える必要が生じたのである。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいどうすたれてじんぎあり【大道廃れて仁義あり】

〔老子〕
昔、大道が行われていた頃はことさら仁義を唱える必要はなかったが、後世大道が廃れてから仁義を説くことが必要になったのである。儒教の仁義説を非難した言葉。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone