大道廃れて仁義あり(読み)たいどうすたれてじんぎあり

故事成語を知る辞典「大道廃れて仁義あり」の解説

大道廃れて仁義あり

道徳を守ることが口うるさく言われるのは、それが衰えている証拠だ、ということ。

[由来] 「老子―一八」の一節から。このは、いわゆる逆説を述べた章として有名で、「大道廃れて仁義有り(根本的な道徳が廃れると、仁義というような道徳が主張される)」のほか、「知恵出でて大偽あり(人々が知恵を持つようになると、重大な偽りが生じる)」「家庭に不和が生じると、親への孝行心や子どもへの愛が必要とされる」「国家が混乱すると、君主に忠実な家臣が現れる」が列挙されています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「大道廃れて仁義あり」の解説

大道だいどうすたれて仁義じんぎあり

《「老子」一八章から》人の道理が自然に行われていた昔は、仁義という人為的な道徳は必要なかった。の道理が失われたから、仁義をことさらに唱える必要が生じたのである。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android