コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大郷信斎 おおごう しんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大郷信斎 おおごう-しんさい

1772-1844 江戸時代後期の儒者。
明和9年2月1日生まれ。越前(えちぜん)(福井県)鯖江(さばえ)藩士。はじめ芥川思堂,のち昌平黌(しょうへいこう)で林述斎にまなぶ。述斎が麻布につくった学問所(城南読書楼)の教授。文化10年藩が江戸に創設した稽古所(のち惜陰堂)でもおしえた。天保(てんぽう)15年10月14日死去。73歳。名は良則。字(あざな)は伯儀。通称は金蔵。著作に「心学臆見論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大郷信斎の関連キーワード大郷浩斎儒者