コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大間原発

2件 の用語解説(大間原発の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大間原発

津軽海峡に面する青森県・下北半島の北端で建設が進む。使用済み核燃料から取り出したプルトニウムウランを混ぜた燃料(MOX燃料)を100%使う世界初の「フルMOX原発」として2008年5月に着工。建設工事は東日本大震災で中断したが、12年10月に再開した。工事の進捗(しんちょく)率は37・6%。完成すれば出力は約138万キロワット

(2014-04-04 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大間原発【おおまげんぱつ】

電源開発J-POWER)が建設中の原子力発電所青森県下北郡大間町。1号機の改良型沸騰水型軽水炉を建設中で,2008年11月,運転開始予定が2012年3月から2014年11月に延期されたが,2013年3月には未定とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大間原発の関連キーワード大間崎上北平舘海峡津軽半島陸奥湾野辺地北海岬下北青森県東津軽郡今別町青森県下北郡風間浦村

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大間原発の関連情報