大阪商船会社(読み)おおさかしょうせんがいしゃ

旺文社日本史事典 三訂版「大阪商船会社」の解説

大阪商船会社
おおさかしょうせんがいしゃ

1884年大阪で設立された代表的海運会社
関西の中小船主55名が,西南戦争以来の競争激化に対し,住友広瀬宰平社長として合同政府保護もとに戦争のたびに発展,内外航路に活躍し日本郵船会社につぎ日本第2位の海運会社となる。1964年三井船舶と合併し,大阪商船三井船舶株式会社となる。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android