コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中橋徳五郎 なかはし とくごろう

5件 の用語解説(中橋徳五郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中橋徳五郎

政治家、実業家。号は狸庵。横浜始審裁判所を始めとし、商務省・衆院書記官・逓信省参事官大阪商船会社社長等を歴任。政友会に入り、原・高橋両内閣の文相となり、一時除名されたが復党、政友会を転々として田中義一内閣の商工相・犬養内閣の内相となった。昭和9年(1934)歿、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかはし‐とくごろう〔‐トクゴラウ〕【中橋徳五郎】

[1861~1934]実業家・政治家。石川の生まれ。大阪商船社長を退いて政界に入り、政友会に所属。文相・商工相・内相などを歴任。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中橋徳五郎 なかはし-とくごろう

1861-1934 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
文久元年9月10日生まれ。逓信省鉄道局長などをへて大阪商船社長となる。のち日本窒素肥料会長をかねる。明治45年衆議院議員(当選7回,政友会)。原・高橋内閣の文相,田中義一内閣の商工相,犬養内閣の内相などを歴任。昭和9年3月25日死去。74歳。加賀(石川県)出身。帝国大学卒。旧姓は斎藤。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中橋徳五郎
なかはしとくごろう

[生]文久1(1861).9.10. 金沢
[没]1934.3.25. 東京
政治家,実業家。金沢藩士斎藤宗一の5男として生れ中橋家を継いだ。 1886年東京大学選科卒業後,農商務省に入ったが,98年逓信省鉄道局長を最後に実業界に入り,大阪商船社長に就任。 1912年衆議院議員,14年立憲政友会総務を経て,18年原敬,21年高橋是清両内閣の文相となったが,大学昇格問題で高橋首相と争い,22年内閣瓦解とともに政友会を除名された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中橋徳五郎
なかはしとくごろう
(1861―1934)

明治後期から昭和初期の実業家、政治家。文久(ぶんきゅう)1年9月10日加賀藩士斎藤宗一の五男として金沢に生まれ、のち中橋家の養子となった。東京大学法科大学選科卒業。判事試補、農商務省参事官、法制局参事官などを経て逓信(ていしん)省に入り、会計局長、監査局長、鉄道局長などを歴任。1898年(明治31)退官とともに大阪商船会社社長に迎えられ、関西財界に重きをなした。ついで政界に投じ、1912年以来衆議院議員当選7回。立憲政友会に入党し、1918年(大正7)原敬(はらたかし)内閣の文相となったが、原の死後、後継総裁・総理の高橋是清(これきよ)らと対立し、1922年高橋内閣改造に反対して内閣総辞職の原因をつくった。1924年清浦奎吾(きようらけいご)内閣支持を唱えて政友会を脱党し、政友本党結成に参画。のち政本合同の運動を進めて政友会に復党し、1927~1929年(昭和2~4)田中義一(ぎいち)内閣の商工相、1931年犬養毅(いぬかいつよし)内閣の内相を務めた。昭和9年3月25日死去。[鳥海 靖]
『牧野良三編『中橋徳五郎』上下(1944・中橋徳五郎翁伝記編纂会/復刻版・1995・大空社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中橋徳五郎の言及

【政友本党】より

…立憲政友会(政友会)から分裂した政党。1921年11月原敬暗殺後,政友会内は,第1次大戦後の不況や普選運動の高揚に対応して財政緊縮や普選問題の解決を企図する高橋是清総裁,横田千之助ら改造派(のち非改革派)と,積極財政・普選反対等の従来の政友会路線を維持しようとする床次(とこなみ)竹二郎,中橋徳五郎ら非改造派(のち改革派)の対立が激化した。24年1月清浦奎吾(けいご)内閣の成立を契機に,前者は憲政会,革新俱楽部と結び普選等をスローガンに第2次護憲運動を起こし,後者は脱党して政友本党を組織し清浦内閣の与党となった。…

※「中橋徳五郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中橋徳五郎の関連キーワード岡村琴仙護得久朝曜金井ベルクール死に一箱伊奈長三(3代)大田原一清喜連川煕氏辻寛

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone