大隠は市に隠る(読み)タイインハイチニカクル

  • =朝市(ちょうし)
  • たいいん
  • に隠(かく)る
  • は=市(いち)
  • 大隠
  • 大隠(たいいん)は市(いち)に隠る

大辞林 第三版の解説

文選王康琚反招隠大隠隠朝市から
非凡な隠者は山野に隠れず、かえって市中の俗世間の中で超然と住んでいるものである。大隠朝市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

悟りきった世捨人は山の中などにいるのではなく、かえって、市中に住み俗人の中で超然として暮らしているものである。
※経国集(827)一〇・帰休独臥寄高雄寺空海上人〈小野岑守〉「寄言陵藪客、大隠隠朝市」 〔王康琚‐反招隠詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

悟りきった世捨て人は人里離れた山中などにいるのではなく、かえって市中の俗人とまじわって超然として暮らしているものである。

[解説] 「大隠」は、すっかり悟りきって、俗世間を超脱した世捨て人。王康琚の詩「反招隠」の「小隠は陵藪に隠れ、大隠は朝市に隠る」によることば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android