コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鳳 たいほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大鳳
たいほう

旧日本海軍の正規航空母艦。 1944年3月神戸川崎造船所で竣工。基準排水量2万 9300t,速力 33.3kn。飛行機搭載数は常用機 52,補用機1。飛行甲板大部分に 500kg爆弾の急降下直撃を想定して厚さ 75mm甲鈑を張った優秀艦であったが,同年6月 19日,マリアナ沖海戦中サイパン島付近でアメリカ潜水艦『アルバコア』の雷撃を受けたのち,ガソリン混合気の誘爆により沈没

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

大鳳

大日本帝国海軍の航空母艦。装甲空母。1944年3月竣工。マリアナ沖海戦にて、魚雷による攻撃からガソリン爆発を起こし沈没(1944年)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の大鳳の言及

【航空母艦】より

…アメリカは機動部隊の拡充と損耗対策のために,エセックスEssex型(約2万7000トン)の大量建造を促進し,これが大戦後半におけるアメリカ海軍の中心勢力となった。日本は太平洋戦争直前に翔鶴,瑞鶴を完成させ,続いて日本では初めてのハリケーンバウ,飛行甲板耐弾防御を採用した大型空母大鳳(約2万9000トン)を建造した。大戦末期には,航空機の大型重量化および大量運用のために,空母はますます大型化し,アメリカはミッドウェーMidway型(約4万5000トン),イギリスはイーグルEagle(約3万7000トン)およびアーク・ローヤル(約4万3000トン)の建造を開始したが,完成はいずれも戦後に持ち越された。…

※「大鳳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大鳳の関連キーワード曲げわっぱ酒饅頭妹背牛(町)富田春山あ号作戦富田日岳藤田亮策雨竜川

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大鳳の関連情報