コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鹿卓 おおしか たく

2件 の用語解説(大鹿卓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大鹿卓 おおしか-たく

1898-1959 昭和時代の詩人,小説家。
明治31年8月25日生まれ。金子光晴の弟。大正11年東京府立第八高女の化学教師となる。15年詩集「兵隊」を刊行。のち小説に転じ「野蛮人」などを発表。昭和17年「渡良瀬川」で新潮社文芸賞。以後も「谷中村事件」などで足尾鉱毒事件を追った。昭和34年2月1日死去。60歳。愛知県出身。秋田鉱山専門学校(現秋田大)卒。京都帝大中退。本名は秀三。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大鹿卓
おおしかたく
(1898―1959)

詩人、小説家。愛知県生まれ。本名秀三。金子光晴(みつはる)の実弟。京都帝国大学経済学部を中退し、1922年(大正11)旧制東京府立第八高女の化学教師を35年(昭和10)まで勤めるかたわら、詩集『兵隊』(1926)を刊行。その後、横光利一(よこみつりいち)に師事して小説を書き、『野蛮人』(1935)で認められた。『渡良瀬(わたらせ)川』(1941)で足尾鉱毒問題に取り組み、このテーマを追究して『谷中(やなか)村事件』(1957)を刊行。[神谷忠孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大鹿卓の言及

【金子光晴】より

…晩年は自伝小説《どくろ杯》(1971)ほかを発表,自在な語り口と,とらわれない生き方で注目された。《野蛮人》《谷中村事件》の作家大鹿卓(おおしかたく)は実弟。【首藤 基澄】。…

※「大鹿卓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大鹿卓の関連キーワード富士正晴北の詩人植村諦菊岡久利木村好子熊田精華城左門中野秀人三野混沌森三千代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone