コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鹿卓 おおしか たく

2件 の用語解説(大鹿卓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大鹿卓 おおしか-たく

1898-1959 昭和時代の詩人,小説家。
明治31年8月25日生まれ。金子光晴の弟。大正11年東京府立第八高女の化学教師となる。15年詩集「兵隊」を刊行。のち小説に転じ「野蛮人」などを発表。昭和17年「渡良瀬川」で新潮社文芸賞。以後も「谷中村事件」などで足尾鉱毒事件を追った。昭和34年2月1日死去。60歳。愛知県出身。秋田鉱山専門学校(現秋田大)卒。京都帝大中退。本名は秀三。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大鹿卓
おおしかたく
(1898―1959)

詩人、小説家。愛知県生まれ。本名秀三。金子光晴(みつはる)の実弟。京都帝国大学経済学部を中退し、1922年(大正11)旧制東京府立第八高女の化学教師を35年(昭和10)まで勤めるかたわら、詩集『兵隊』(1926)を刊行。その後、横光利一(よこみつりいち)に師事して小説を書き、『野蛮人』(1935)で認められた。『渡良瀬(わたらせ)川』(1941)で足尾鉱毒問題に取り組み、このテーマを追究して『谷中(やなか)村事件』(1957)を刊行。[神谷忠孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大鹿卓の言及

【金子光晴】より

…晩年は自伝小説《どくろ杯》(1971)ほかを発表,自在な語り口と,とらわれない生き方で注目された。《野蛮人》《谷中村事件》の作家大鹿卓(おおしかたく)は実弟。【首藤 基澄】。…

※「大鹿卓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大鹿卓の関連キーワードチベット問題ルナ恐怖映画社会小説心の花ロシア映画フィルムは生きている安保闘争VIVO火成角礫岩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone