コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大黒屋丑松 だいこくや うしまつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大黒屋丑松 だいこくや-うしまつ

1819-1883 江戸後期-明治時代の商人。
文政2年生まれ。土佐(高知県)宿毛(すくも)の船宿「大黒屋」の主人。宿泊した船乗りがあそぶ「なんこ」(薩摩拳(さつまけん))をもとに,土佐の酒席にかかせない箸(はし)拳を考案した。明治16年1月15日死去。65歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大黒屋丑松の関連キーワード明治時代商人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android