大黒梅陰(読み)だいこく ばいいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大黒梅陰 だいこく-ばいいん

1797-1851 江戸時代後期の儒者。
寛政9年生まれ。大黒屋光太夫の長男。父がロシアから帰還後軟禁された江戸番町の薬園に生まれ,14歳で商家の徒弟となる。主人に勉学をゆるされ,年季明けで薬園にもどる。光太夫の死後塾をひらいた。嘉永(かえい)4年5月13日死去。55歳。名は亀二郎。編著に「梅陰遺書」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android