大黒梅陰(読み)だいこく ばいいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大黒梅陰 だいこく-ばいいん

1797-1851 江戸時代後期の儒者。
寛政9年生まれ。大黒屋光太夫の長男。父がロシアから帰還後軟禁された江戸番町の薬園に生まれ,14歳で商家の徒弟となる。主人に勉学をゆるされ,年季明けで薬園にもどる。光太夫の死後塾をひらいた。嘉永(かえい)4年5月13日死去。55歳。名は亀二郎。編著に「梅陰遺書」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android