コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大黒梅陰 だいこく ばいいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大黒梅陰 だいこく-ばいいん

1797-1851 江戸時代後期の儒者。
寛政9年生まれ。大黒屋光太夫の長男。父がロシアから帰還後軟禁された江戸番町の薬園に生まれ,14歳で商家の徒弟となる。主人に勉学をゆるされ,年季明けで薬園にもどる。光太夫の死後塾をひらいた。嘉永(かえい)4年5月13日死去。55歳。名は亀二郎。編著に「梅陰遺書」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大黒梅陰の関連キーワード儒者

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android