コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大黒梅陰 だいこく ばいいん

1件 の用語解説(大黒梅陰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大黒梅陰 だいこく-ばいいん

1797-1851 江戸時代後期の儒者。
寛政9年生まれ。大黒屋光太夫の長男。父がロシアから帰還後軟禁された江戸番町の薬園に生まれ,14歳で商家の徒弟となる。主人に勉学をゆるされ,年季明けで薬園にもどる。光太夫の死後塾をひらいた。嘉永(かえい)4年5月13日死去。55歳。名は亀二郎。編著に「梅陰遺書」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大黒梅陰の関連キーワード蔀関月シェリー竹本染太夫(6代)森狙仙リゴレットギュツラフ真葛長造気成電気万国博覧会

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone